2015年11月 7日 (土)

2015 東京モーターショーに訪れ勝手気ままに述べてみた

1446478657157_3

生憎の雨で外イベントはやってませんが

東京モーターショーを訪問しました( ̄▽ ̄)

 

相変わらず偏った考えで徘徊し

好き勝手に紹介してみます(*^ー゚)b 

 

私のような一般庶民の車好きには

このクルマの動向は気になります!

1446478995645_2

性能はロードスター同等以上で

販売価格はお手頃価格。

日本のモノ造り真骨頂を期待します(≧∇≦)

 

でも・・デザインはもう少し頑張ってほしい・・

ヨタハチのシルエットはいいんだけどネ(゚ー゚;

コストも関係してると思われるので

素敵なチープさを演出してください(v^ー゜)頼んまっせ!

 

そんなコンセプト車達

基本的にはデザイナーさん達が

イケイケ大胆に演出します!

1446478728498

1446562701560

1446562732087

これを2020年に販売!?

「やっちゃえ!日産!!」

 

でも、現実味がありそうなデザインで

個人的に好感を得たのは

1446478851306

1446478847689

1446478849449

マツダさんかな!(≧∇≦)

あ・・でもロータリーってのが現実味ないか(@Д@;

このフロント低さには必修アイテムだし・・・

 

まぁ~コンセプトなので夢と現実の狭間を

1446478933346

ホンダさんのホットなマシンでも眺めて

妄想に耽るとしますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

1446562843192

この車のタイヤは実走しております。

クローズコースでガチ攻めな溶け方じゃないので

良くてスポーツ走行程度と思われますが

きっと痛快なんでしょうね(≧∇≦)

走らせてみたい衝動が止まらないとです(*゚∀゚)=3

1446478445804

ヤマハさんもコンセプトカーを出し続けてまして

歴代のマシンは勝手ながら高評価(*^ー゚)b

今回のは、ちょっとわからないですけど・・・

 

そんな未来のスポーツカーばかりを

選り取り見取りしていたら

ちょいと胸やけしちゃったので

1446478640228

平和な光景でココロ整えます(・∀・)

 

ちょっと落ち着いたら

ふいと疑問が湧きました?

 

良く知らないのですが

路上販売って規制が厳しいんですよね?

昔よくいった屋台もなくなっちゃったし(゚ー゚;

これって需要少なそうな・・( ̄◆ ̄;)

 

でも屋台っていいですよね~(・∀・)懐かしい~

やはり私のようなオっさんには

先程のこ洒落た車より

1446478603451

1446478597229

こちらの方が落ちつくかもね(^-^;

 

それにしても、このローコスト感

素敵です♥

自分でも、なんとか作れるかもと

錯覚してしまいます(^Д^)無理だけど・・

 

特に目立った資源があるわけでない

我ら日本は、やはりモノを作ってナンボ!!

なんだかんだとmade in JAPAN

品質、価格のコスパ最高です(≧∇≦)

 

そんな技術を支えているのを

1446478572962

身近に拝見できるのも

モーターショーの良い点です(≧∇≦)

こういう部品製作の妙技

工業製品は絶えず進化すると

至極当然な事ですが改めて実感できます!

 

子供の頃に紹介されていた

「21世紀の暮らし」という予想本では

車にタイヤは無く、宙に浮いてました。

 

そして現代、21世紀初頭・・・

タイヤは立派に装着されとり

しっかり地面に接地しとります。

 

進化していないwww

 

ワケではありません( ̄▽ ̄)

 

ダンロップさんが発案した

偉大な空気入りタイヤから

遂にエア圧から卒業するかの如く

1446478553016

このような製品が続々と現れ

1446478544369

進化過程を垣間見えます(*^ー゚)b

エアレスタイヤ

自動運転とタイヤの進化

どちらが先に世に定着するか・・

気長に見届けるとします。

 

 

さて、今回のモーターショー

数少ないながらオートバイ改め

モーターサイクル

展示されています(・∀・)

 

まず、目に止まったのは

バイシクルのようなモーターサイクル

1446478750508_2

原点復帰!はたまた先祖帰り?

1446478477823

スリムでいいですね~♪

この方向性は好きですが

もう少し渋めなデザインなら

さらに好感触なのですが・・(v^ー゜)惜しいな!

 

スリムといえばオフロードバイク!

そして、個人的にモーター特有の

起動トルクの豊かさを活かした

1446478442435

このようなタイプは期待しております!

まだまだ色々と問題山積でしょうが

躰が動ける内に実用化して欲しい・・(≧∇≦)頼んます

1446618110184

これくらいのガレ坂を

助走なしでスルスル登れたら

上手くなったと勘違いしつつ

最高♡なんですがね~~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

モーターなだけに名実ともに

モーターサイクルなコンセプトが

何の不満も不安もなく

山々の中を走れる頃には

1446562855503

ロボット運転も凄い事になってたりして(^Д^)

 

村田製作所の村田君が

凄いバランスで自転車を操っているように

生身の人間では実現できない

操作も追々可能かもしれません(≧∇≦)

 

絶対的に安全なら速度規制の概念も

無くして技術革新度合に見合った

速度規制とすれば、劇的に効率も上がります。

 

そうなれば、こんなモンスターマシンも

1446478771443

1446478435001

公道でフルに能力発揮できるのかな?

それが出来たら世界最速の

無人バイク便さんの誕生か!?(^-^;

 

車もバイクも自動運転の時代となり

今まで人間が行ってきた仕事が

機械化されたり消滅したりする時代も

いずれ訪れるかもしれません。

 

技術革新の波に乗り遅れると

時代に呑まれ溺れてしまうかもよ(゚ー゚;

 

マスコミさんがネタにしやすいと

今さらながら気づきながら

私自身、今後の身の振り方も考えつつ

1446562615210

会場を後にし、勉強会という名の夜の街へ

誘なわれた事は言うまでもありません(^-^;

 

以上 2015 東京モーターショーでした(v^ー゜)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

東京オートサロン2011に行ってきました~

 

 1月16日に東京オートサロン2011行ってきました

Dvc00100

          天候があいにくの

Dvc00099

    無理してバイクで来なくて良かったです

 

    ようやく幕張メッセの駐車場に到着すると

      コチラは雪が降らなかったようで

    なにやら正月の富士山みたいな雰囲気が

 

             これが噂の

     

Dvc00098

Dvc00095

Dvc00093

Dvc00087

Dvc00084

       裏オートサロン?

        朝も早よからお疲れさまでした

 

                     話は表に戻します

 

    何度か東京オートサロンにお邪魔してますが

      今回も全体的に完成度の高い車両が多く

  カスタムカー品質向上の極みが垣間見れました

 

    その反面、一般庶民の小生とは棲む場所が

Dvc00073

               まったく異なる

Dvc00075

        セレブ様 御用達

ゴージャスな雰囲気が益々増えたような感じがします。

 

            下級庶民のひがみ

 

なのでしょうがあまり興味が湧かないジャンルです。

  もしなにかの間違いが起こりセレブになったとしても

 

 

Dvc00023

Dvc00021

  これに乗る勇気はありません

 

       個人的にピンとこないとはいえ 

      カスタムカー産業を支えているのは

           このようなお金持ちの潤沢な資産や

          セレブ気分を味わいたい人達の行為に

           (ちょっと無理してローンを組むなど)

                支えられているのが現実です。

 

                 産業を支える観点でみれば

Dvc00071_2

        痛車の展示も激増しました。

 

          このジャンルは上記のセレブカーよりも

         さらに理解できないのでコメントを控えます

 

                       さらに気になる事が

Dvc00070

         カメラ撮影陣?で通路が塞がる事です。

     日本製品の雄、高性能なカメラを持っていたら

     美しいモノを激写したいのかもしれませんが

 

 

         そんな全体的な雰囲気を感じましたが

        私のかなり偏った趣味の繊毛に捕らえた

     製品があったので勝手ながら紹介いたします

 

    こんなフォーミラーカーもレンタル可能です。

Dvc00078

     展示のみでなくサーキットでレンタル実走なら

      金額の問題も含みますが気になる会社です

 

 

Dvc00077

                    もたぽんこ

             以前から販売されているのですが

           未だ路上で遭遇する機会がありません

           電動前輪駆動バイクだったと思いますが

          動力性能がモトコンポと同様という事なので

          もう少し向上すれば出会えるかもと期待

 

               おしゃれな軽トランポに

Dvc00038

              こういう車両もありかも

 

Dvc00065

      ハコスカにRB26を積んであると思いきや

Dvc00064

          ハコスカ&ステージアにRB26搭載

         なんだかカッコよく感じてしまいました

 

    トヨタ技術会からは魅惑なコンパクトカー 

Dvc00032

         スタイリッシュでありながら凄みがあり

Dvc00031

          カッコイイと感じましたが

Dvc00028

        R周りがアンバランスなカワイイ系

       現代版ヨタハチを狙ったデザインなのか?

          その呪縛をもう少し解き放つともっと

 

     輝く要素大と感じました

 

   お次は運転したらすこぶる面白そうなシリーズ

 

           どうみてもレーシングカー

Dvc00020

     実はニュル最速の市販車

                 これっていろんな意味で

Dvc00019

                   反則技なのでは

 

         どうも私は自分の身体的特徴と真逆な

         軽量コンパクトカーに心奪われるようで

Dvc00059

Dvc00060

Dvc00013

Dvc00010

  目に映るのはこんなお宝ばかり

 

   その昔、スズキのお店でカプチーノが展示してあり

      ちょっと本気で購入しようと乗り込んでみたら

     「お客さまには・・・」とショールームレディーに

      優しく現実を教えてもらった恥ずかしい経験を

     経緯しつつもそのの炎は燻っているようです

 

 

        話は変わり いかにもオートサロン と感じた

 

           ド派手な軽トラや

Dvc00024_2

Dvc00052

             MR-Sベース車両

Dvc00044

         一人乗りラジコンカー

      おおいに楽しませてもらいましたよ

 

     コンパニオンさんでマジマジ見入ったのは

 

          あらてな荒行にみえる

Dvc00045

      なんちゃって空気椅子

   足の長い外人だから様になっていると思いつつ

 

    2011東京オートサロンの勝手気まま紹介を

          締めさせてもらいます

 

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年8月16日 (月)

軽トランポにて遠征キャンプ林道ツーリングの準備しました~

   

    かなり珍車なDR-Z125L公道仕様を

     ストレスなく遊ぶ為に欠かせないのが

Dvc00012

            軽トランポの存在です

 

      実は実家のエブリイをトランポに活用したくて

     08から大いに楽しませてもらっているWR-Rに 

      ねこタイヤを履かせれば積めるのか模索したり

      ホイールを用意してよりオフロード性能が

      タイヤを簡単に履きかえられるか奮起しましたが

 

         ちょっと積むのに手間がかかりすぎる事や

       あまりの高値で手が出ないホイールに玉砕

 

       それらを複合的に考えるとトランポを使用する

         遠征キャンプ林道ツーリングを嗜むには

   

      小型なDR-Z125Lが吉

    

      

          そんな順番で事が運んだ次第なのです

 

Dvc00010

      とりあえずシートベルトボルトにステーを共締めし

        タイダウンベルトで固定するように準備して

            

                   DR-Zを積もうと思ったら

Dvc00009

        我が家のエブリイでは高さが足りません

 

                   そこで

Dvc00006

                  ミラーをたたむのは無論

        ラチェットタイダウンでFフォークを縮めて

Dvc00002

Dvc00004

         なんとか搭載完了~

 

Dvc00001

Dvc00005

             バイクの搭載量では考えられない

             充実したキャンプ道具を積めるのも

             トランポの大きな魅力と大納得しつつ

 

              いざ福島の地へ 

 

             とワクワクしていたら台風で延期に

 

       福島行きに間に合うように無理して購入した

            使いこなせる自信が皆無の秘密兵器!?

Dvc00016_2

          OREGON 450TC

   

            これで南会津くんだりの山深い林道を

            ログれれば幸いなのはモチロンのこと

          CB、WR、DR-Z、自転車、軽トランポに

                    使用できるので1台あたり

          2諭吉のナビ&ロガー

               として活躍を期待

 

    

    今回はまさかの台風上陸で出ばなをくじかれましたが

     

 

                 次回 

 

     福島キャンプ林道ツーリング

       お届けします

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

毎年GW恒例の焼き貝喰らいを遂行しました~

   

           皆さん、GWは満喫できましたか?

       私はここ数年のGWで定番となっている

Dvc00013

           那珂湊市場にてお宝をGETして

 

Dvc00005

        喰らっておきました

 

 

                  それも

Dvc00009

        筑波山付近の川にて

 

        毎回、市場付近で焼き貝を行っていましたが

       なにげに注目を浴びてしまいちょっと面倒に

 

       そこでもっと落ち着く場所で喰らおうと

 

Dvc00012

       親友パンクさんの素敵なオープンカーで

     筑波山を登り、景色のよい場所でやろう~と

 

        

                      意気投合しましたが 

 

   

         あまりの混雑に断念

  

    

                そのうえ

 

       お腹が空いて我慢も限界

      やむなく人気のなさそうな野川で行いました

 

 

       途中、地元パトロ-ルさんに発見されつつも

Dvc00008_2

     帰り道に面白い自動車を運転するので

     お酒は控えてノンアルコールビール

 

     以前に茂原出身 元コ〇ン星人の焼肉屋さんで

       この手のモノで充分に満足できた事もあり

    この連休でアルコール漬けになっているであろう

私のちょいと数値が怪しいレバーちゃんも労わってみました

 

 

                それにしても

Dvc00001

        同時期にこんなブルジョワなキャンプを行う

            親友もいるのに私達は・・・・

 

 

                   なんて

 

 

            自由なのでしょう~~

            ( 意味不明

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

2009東京モ-タ-ショ-に行ってきました~ 

   

 毎回必ずという程ではありませんが、晴海時代から

楽しみにしている東京モ-タ-ショ-が大ピンチです

 

   米国のさまざまな問題から端を発して始まった

 世界的な不況の影響や日本国内の需要不足により

 自動車、バイク、部品メ-カ-の出展者が半減以下

 

     2007年の主役は日産GT-Rでしたが

 

   今回の主役ってなんだろう?

 

  エコカ-?レクサスLFA?それとも86の後継者?と

 

                   悩みながらも毎度 

                       ↓

    個人的おもしろ製品 in 東京モ-タ-ショ-2007

      こんな感じの感想なので部品メ-カ-減少が

          一番の心配事だったりする次第です

 

         

             そんな盛り上がりにな情勢の

       第41回 東京モ-タ-ショ-2009ですが

      「あの時のモ-タ-ショ-は・・・だったよ」と

    後ほど語りたいが為に(そんな機会がなさそう

 

Dvc00112

      初日の開園1時間前に幕張メッセに到着。

 

       今までありえない程に道中がスム-ズで

 駐車場もかなり会場から近い場所に停めれました

         (喜んでいい事なのやら

 

Dvc00110

    思っていたように閑散と盛り下がっているのか

 本気で心配になりつつ徘徊を開始します

 

             レクサスLFA

Dvc00019

             世界限定500台(国内160台)

        V10気筒4800ccで560psを発生し

          ボディはカ-ボンやアルミを使い軽量。

 

               目指したのは

Dvc00017

             最速にして最高級

 

     本当に車を知ってる金持ちはフェ〇-リ-より

      3750万円するコチラをオススメしますよと

   「我が社の・・・はレクサスLFAに使われてます。」

               と誇らしげに展示している

 

     某部品メ-カ-は述べています

 

 

            一言で申し上げると

 

    

      庶民の小生とあまりに違う世界です

 

                その点

 

Dvc00034

     トヨタFT-86はグっと身近な存在

 

シャシやエンジンがスバルで駆動系やシステムがトヨタ。

     FRスポ-ツ車が壊滅寸前状態の昨今で

     300万円以下を目指し市販するかもという

         個人的に大期待の自動車であります。

Dvc00032_2

   ちょっと気になる事はデザインの積めがまだ甘い?

    セリカやマツダ車のような雰囲気がするような・・・

          市販するのであればまだ時間があるので

有能なインダストリアルデザインさん達におまかせします

 

 

その他自動車で気になったのはホンダCR-Zなどですが

 

             感心したモノは

 

         福祉車両として現実味のある価格の

Dvc00030

        福祉車両プリウスです。

Dvc00028

    ル-フBOXに自動に車椅子を収納できます。

        勿論、福祉車両としても優秀ですが

   もっと簡素化してRV車に化ければ

       さらにプリウスの魅力が拡がるかも

 

             さらにもうひとつ

 

Dvc00043

             鈴商さんのスパッセVです。

 

         自分が乗りたい自動車を自らが作る。

         私の夢そのものを実現している貴社が

 

 

         羨ましいです

 

 

Dvc00045

         こちらは見た目がス-〇ー7ですが

 スパッセという市販されているマシ-ンです。

 

            これもすこぶる面白そうですが

            慌てて展示準備したご様子で

 

Dvc00046

    ロ-テ-ション(回転方向)が・・・

           

                    なにわともあれ

      数少ない日本カスタムメイドカ-として

   これからも魅力あふれる作品を期待します

      

          

         自動車の過去に戻ると

Dvc00012

        ヨタハチ

 なんでこんなに素敵なデザインなのでしょう~

 

   今の自動車は何か大事なモノを忘れてると

Dvc00106

    新型アルトより圧倒的に見学者が多い

 Dvc00107

    お隣の初代アルトを観て思いに深けました

 

    そんな難しい事を考えてもバカな私では

       明瞭な答えが出そうにないので 

Dvc00060

 マッハGO~GO~GO~~♪

 

Dvc00061

人が乗れるチョロQを観ながら遊び心を取り戻し

 

Dvc00050

   今回出展していない国産バイクメ-カ-唯一の

カワサキさんちのZZR1400エンジンを使用した

過激で面白そうな3輪カ-(バイク?)を見学しながら

 

         ようやくバイク系を物色

 

Dvc00092

         最近のヤマハ車はなんで

  ホ-ンの位置がけったいな場所

 

           取り付いてるのかと

 

      展示されてる新型V-MAXを眺め

  愛車WR-Rとの類似点を無理矢理みつけながら

 

Dvc00097

     新型YZ450の後方排気エンジンに

   古き良き2スト後方排気YZRを思い出し

   このエンジンは短命に終わらない事を

  何故か祈りながらヤマハブ-スを見渡すと

 

Dvc00095

   レクサスLFAレ-サ-

 

     たしかにエンジンはヤマハさんですが

  本道のバイクより存在感のある自動車を飾るのは

 

           アリですか?

 

 

                バイクのネタとして

Dvc00087

                   もたぽんこという

 

         モトコンポの電動版と言えはいいのか

        ホンダではない会社から出展してました

 

         どうも50cc登録可能で量産で世界初

 

         電動式FF駆動!!

 

                  最高速度30~35km/h

                  巡航距離15~20km

       (テストライダ-は体重60kgでのデ-タ-)

 

 

メタボな私が乗るとどうなるの

 

 

   後は私の部品フェチっぷりストライク~なモノが

数点かありましたが、なんだか性癖を公開するようで

気が引けるというか・・・長くなりそうなのでやめときます。

 

 

                 最後に

    

 

   2009年 東京モ-タ-ショ-の総論としまして

 

            一番元気だったのは

Dvc00056

             よからぬ場所を激写しようと

      ギラギラした眼で励む人々の夢の跡と

  

小規模ながら厳しい状況でのなか出展を英断した

 

        優良企業でした!

 

あらためてモノ作り日本の精神を大事にしたいです。

 

 それと萎む日本市場を見捨てずに参加してくれた

  海外メ-カ-さんも素敵です。

 

          そんな感じの

        

       2009東京モ-タ-ショ-

 

 

  

         次回はどうなるか

    

       

2年後の景気回復

        刹那に希望します

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

オススメ潤滑剤 NASUKA LUB(ナスカルブ)を紹介します~

 

      なにげに使う潤滑剤といえばスプレ-タイプを

         シュシュっと給油

           良くみる光景ですよね~~

 

      小生も仕事や趣味で色々な潤滑剤に

      お世話になってます

       

      そんな数あるスプレ-式潤滑剤の中で

  今まで一番驚き!!の性能を発揮してるのは

 

Dvc00001

  NASUKALUB(ナスカルブ)という

       化研産業さんの超極圧潤滑剤です。

 

      主に産業用で活躍してるモノらしく

    自動車やバイクなどの業界ではなじみが薄く

      ホ-ムセンタ-にも売ってないので

   ススメられるまでまったく?製品でした

             

 

             謳い文句は

 

電気イオンを活用し浸透性特殊分子層を形成

すばらしい極圧性と潤滑性が得られます。

          

         「NASKALUB」の主な特長

 
従来の浸透潤滑剤では、長期にわたり潤滑効果が得られず

  また極圧潤滑にはほとんど効果がありませんでした。

 
  NASKALUB は、金属の接触摩擦によって発生する

    電気イオンにより浸透性特殊分子層を形成し

  すばらしい極圧性と、なめらかな潤滑性を与えます。

   

   その効果は、半永久的なものがあります。

 この被膜は、オイル切れしても一定期間取れることなく

  極圧・潤滑を保持しますので、初期磨耗を防止し

     焼付き・きしみ音・磨耗・破損を阻止し、

スムーズな回転と、機械・部品の寿命を著しく延長します。

 

           

          ってな事を聞き

 

 

  正直本当に~?と思いました

 

 

          超極圧という事は

   かなり粘度があるのかと指で確かめてみると

 

    普通の液状スプレ-です。

 

  こんなんで超極圧になんて耐えれるの?っと

      感じながら手を洗ってみると

 

指に微かに残ってる感があります!!

     (ちゃんと石鹸で洗いましたよ

 

    これはもしや・・・使えるかもと思い

  約2英世を支払いGETしときました。

 

 

  この手のケミカル物を自分なりにわかりやすく

        チェックする方法の1つに

D1000072

       自転車のチェ-ンに塗布して

  ひたすら漕いでみる実験です

 

       なんていっても人力ですから

      ちょっとした違いも毎朝の通勤に

     大きな差が生まれます

 

 

          数ヶ月使った結果

    今までのものより音が静かになり

    あきらかに軽く漕げる事を実感しました

 

       

   そして仕事で使ってるハンドツールに塗布する

           実験その2を開始。

 

  数あるハンドツ-ルの中で、一番効果がわかるのは

     握り物(プライヤ-類)でした。

 

   主にクニペックスさんの製品を愛用しているので

    それらの可動部にシュシュっと給油してみると

一般的な潤滑スプレ-では数ヶ月で動きが渋くなるものが

 

約1年スム-ズすぎる程動いています!!

           (ただいま記録更新中)

 

  

  

   自転車や工具試験に優秀な成績を収めたので

      最近O/HしたFCRキャブレタ-に

 

   ダメ元で塗布しています。

詳細はEFI車を乗りFCRの長短所をあらためて気づきました~.

 

    ゴム類やその他に悪影響が出ないか

  今シ-ズン乗ってみて様子を窺ってみますネ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

富良野~夜の旭川巡り終了~!

 

相変わらずがシトシト降ってますが

     美瑛を抜けて富良野に入りました!

 

7月上旬なのでラベンダ-が旬であろうと企み

D1000266

   富田ファ-ムさんに立ち寄りました!

 

大量のラベンダ-が予想通りに咲きまくってます

香りも想像より凄~くて 辺りを包み込みまくりっす!!

 

         しばし歩きながら

 

「ドコかで嗅いだ事ある香りだなぁ~」と思ったら

      

              

       ウチの消臭剤でした

      

それにしても富田ファ-ムさんに失礼極まりない話です。

  つまるところ私の感受性はトイレ止まりなだけ

 

 

そんなアホっぷりを発揮しながら、シロクマンさん情報の

ス-プカレ-屋さんに向かいアクセルを踏むことしばし・・・

 

D1000261

    FORUMFURANOさんに到着!!

D1000258

 これまた洒落たお店で不釣合いの極地ですが

 

D1000259

     ス-プカレ-をGET!!

D1000260

     見た目からして旨そうでしょ!!

 

正直ス-プカレ-って好きじゃないのですが

   やはり本場は一味も二味も違います

 

         満足っす!!

 

 

ぼちぼち旭川に戻って、宿を確保しないとマズイと思い

外国ナンバ-?の爆走ベンツに煽られながらも

 なんとか無事に旭川駅前のホテルを確保できました。

 

昼にBIGかつ丼を食べて、3時のおやつ?はス-プカレ-・・・

とても晩飯をガツンと食べるのは無理なので街中でっと思い

 

   名前は忘れましたが居酒屋に来店すると

D1000277

          わかりますか!?

バ-ナ-上下で焼きまくってます!!

      

      なにかと思えば・・・

D1000279

     焼きカキでしたよ

 

なるほど!カキは殻ごと両面焼きまくりがなんですね!

そういえば昔、炭火で丸ごと焼いて食べた時も旨かったなぁ~

 

            

              いやぁ~

 

   

        が進む進む

2008年7月11日 稚内~旭川(電車) 旭川拠点 美瑛~富良野(自動車)終了! 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

いやぁ~だから独り旅はやめられません!

  

2008年7月11日、稚内の北防波堤ド-ムにて朝を迎えると

 天気予報どおりが降っております。

 

雨の中、自転車で廻るのは利尻島でうんざりしたのと

明日(12日)の夕方に旭川空港から帰る事もあり

7時10分発 ス-パ-宗谷2号で旭川に向かいます。

 

D1000075

駅前で自転車を輪行バックに入れて電車を待っていると

姫路のお父さんがわざわざお見送りしに来てくれました。

 

お父さんは天気が回復したら海岸線沿いを廻るそうです。

  お互い無事な旅路を祈り、稚内をあとにしました。

   どうもお世話になりました~

 

11時ごろ旭川駅に到着し、輪行バックやキャンプ道具を

駅から歩いて5~6分にある黒猫ヤマトで郵送しました。

 

   自転車の旅もここで終了です

 

自転車に換わる新たな相棒を調達しに駅前に戻り

 

D1000220

レンタカ-を借りて行動開始であります!!

 

まずはツ-リングマップル2008に載っている

美瑛にあるトンカツがBIGな食堂屋さんに向かいます。

 

  自転車、バイクと違い自動車はの中でも

 睡魔に襲われるほど快適です。

 ガラス越しに見える北海道らしい雄大な景色が

 まるでモニタ-に映ってるように感じられます!

        

            やはり

 

移動する楽しみは自転車やバイクと比べると希薄です。

便利になると犠牲もあるという事を改めて実感しましたよ

 

    そんな事を思いながら美瑛に到着し

ツ-リングマップルに載ってる場所付近を徘徊しても

 

   お店がまったく見当たりません!

 

ぐるぐる街中を30分以上走ってみましたが発見できず

    もう諦めようと思い ぷらり走っていると

D1000221

    ありましたよ富川食堂さん!!

 

ツ-リングマップル間違えてるじゃないの

             と感じつつ

なんとか到着したので、これも旅の思い出だなぁ~と思いながら

暖簾をくぐってみると順番待ちで数名の人が座って待ってます。

         

          私も座って並んでいると

 

  お隣の方が声をかけてくれました!

 

 どこから来て、どこを廻ったか話しているうちに

テ-ブル席がちょうど空いたので2人で相席になり

美瑛、富良野方面の名所などを教えてもらっていると

 

D1000222

     なんかいっぱいはみ出てる・・・

 

D1000224

    どうやって食べるのコレ?ってな量の

      

     かつ丼が登場!

 

             ちなみに

 

D1000223

      写真ではわかりにくいですが

 

     とんかつ定食もBIGっす!

 

期待を裏切らない量に負けじと

           ガシガシ喰らい完食致しました

 

 

  食後も会話が弾み、お互い自己紹介したところ

        地元、北海道に住んでいる

     お名前は「シロクマン」さんという

 

20070403011912

   プロのイラストレ-タ-さんでした!!

    普段なら絶対出遭えない職種の方です

 

20050928190228_2

       北海道の雄大な大地で

 小粋にミニ・ク-パ-乗りつつ

 

20080410183931

 

20050425233226

 

20080701173915

 

20080802125549

 

20051213014817

 

なんともシュ-ルで面白い作品を描いてます

 

あくまで私の好みで許可を得て転載させて頂きましたが

ブログでさまざまな種類のイラストに合わせて物語になってます。

       

        シロクマンさんのブログ

  「あぁ、いいわそれ」的な....

       チェックしてみてください

 

  

        いやぁ~それにしても

 

礼文島で独り旅より・・・っと思ってましたが

姫路のお父さんやシロクマンさんに出会ったような

見知らぬ地で見知らぬ人とお知り合いになれる醍醐味は

  

  

 勝手気ままに行動できる独り旅!

       しがらみがないって最高~~

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

オ-ルドナウ・カ-フェスティバルに行ってきました!

 

こどもの日に私(中年オヤジ)が子供に戻れるとは思いませんでしたよ~

   もちろん体はオヤジのままですがは確実に子供です!!

 

D1000016

           カウンタック!!

 

D1000009

          カウンタック!!

D1000020

        カウンタック!!

D1000015

     カウンタック~~

  

         筑波サ-キットにて

D1000031

オ-ルドナウ カ-フェスティバルを観に行きました~

 

     カウンタックばかりじゃありません!!

D1000019

         ミウラ君

 

D1000017

     ポルシェ(凄い後ろ姿っす!)

 

D1000014

     ランチャ ストラトス

 

D1000028

ロ-タスヨ-ロッパ(なんとボディがカ-ボン製!!)

 

D1000030

    日本の名車 トヨタ2000GT 

 

紹介しきれない程、往年の名車がサ-キットを走りました!!

  素晴らしいの一言に尽きます

最も印象に残ったのはカウンタックのアフタ-ファイヤ-音です。

  まるで束になった爆竹が破裂してる様でしたよ!

さすがはV12気筒エンジンですね~不調だったかもしれませんが

  つまるところそれもカウンタックの醍醐味!!

 

 

     往年の名車ばかりではありません。

 

D1000022

  ロ-タスエリ-ゼ(これもフルカ-ボン!!)

       この車は反則的に早かったです。

 

D1000010

         フェラ-リ

    早いのは筑波を59秒台で走っちゃいます!!

 

D1000033

           ポルシェ

     BIG当たったらGT-2が欲しいっす!

 

  

他には現行ロ-ドスタ-やRX-8のワンメイクレ-スがあり

改造箇所が少ないので腕のみせどころ感たっぷりです。

マフラ-も純正なので音が静かで観る分には迫力にかけますが

タイヤ音が良~く聞こえるので旨い下手が一目瞭然でしたよ!

 

全体的にクラッシュは少なめでしたがホンダN360が転んだのは

バイクのエンジンベ-ス車だからバイク魂が濃厚~

勝手に思い込んでました(転んだのとまったく関係ないですが

少なくともバックストレ-トで飛ばしまくり

自分の限界を超えて最終コ-ナ-入り口でブレ-キロックしたまま

   コ-スアウトしたフェラ-リ君より断然カッコイイです!!

 

       

      などなど子供のような目をして

D1000023

いつもの第一ヘアピンでずっと観戦してましたよ

 

いつかはBIGでも当たって、こんなリッチなフェスティバルに参加できたら

 

         昇天しちゃうでしょうね~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

個人的おもしろ製品 in 東京モ-タ-ショ-2007

 

なにか面白いものがないか期待しつつ行ってきました!

D1000032

東京モ-タ-ショ-2007 (最終日)

 

D1000003

ポルシェとおネェちゃんのヒップラインを見比べながら

私の興味が湧く製品がないか物色していると・・・・

 

D1000031

バイク用エアバックを発見!

バイクは車よりはるかに危険な乗り物です。

危険な乗り物であるバイクにエアバックという発想・・・・

 

これでガソリンタンクを〇部を強打せすに済むかな?

 

 

          お次は・・・・

 D1000007

異次元ビ-クル「む~ん」なる乗り物発見!

 

D1000009

実はデンソ-さんの「む~ん}と同タイプの1輪バイクは

以前に海外で発明されています。(たしか雑誌に載ってました)

 

21世紀の今の技術でどれだけ乗りやすくなってるのでしょうか?

     一度試したいですね~~

 

       ちなみに発明者は

 

    コケてお尻を重症・・・・(汗)

 

 

         お次は・・・・

D1000017

   バイク用のタイヤかと思いきや・・・・

D1000016

 ソ-ラ-カ-用タイヤでした。

 

私のバイク(CB1000)やモトコンポなど

変わったサイズをラインナップしているだけではなく

まさかソ-ラ-カ-用までラインナップされてるとは

 

ダンロップさんには恐れ入ります。

 

 

最後に末恐ろしい低車高マシ-ンを紹介して

D1000010

個人的おもしろ製品 in 東京モ-タ-ショ-2007を終了致します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧