日記・コラム・つぶやき

2018年1月 5日 (金)

(祝)2018年 謹賀新年 明けましておめでとうございます。

初心に戻り、オフバイに目覚める!?

早いもんでオフロードの世界へ戻ってから

約10年の歳月が流れました。

 

主に山の中で活動するようになり

WR250Rでは大きく重いと感じて

軽量なDR-Z125Lの逆車を増車。

ミニモトサイズと4スト125の非力さで

進めぬ難所がチラホラ現れ始め

セロー225を増車。

そこで悲願だった箇所も制覇でき

乗っていてホっとする寛容さもある

まさに名車なのですが

もっと刺激を求めたくなり

セローを半年でドナドナして

250EXCを購入して今に到ります。

 

振り返るとオフロードにハマった10年間。

オフバイだけで上記で紹介したバイクと

用途はモタードですがKDX125も合わせると

5台のマシンを堪能してきました。

 

それなりに乗ってきて最近感じるのは

大きく重いとトレックする事を避けていた

WR250Rをもっと活用をする事。

250EXCはコースや難所用とし

もっとイベントに参加してスキルアップ。

そんな棲み分けをしようと考えております。

先日、EXCで某山の新年初走りしましたが

WRでチャレンジしたくなりました。

EXCで走破できる場所を徐々に

WRにも還元していきたい。

 

そんなオフバイの棲み分け

KDX125はモタード確定なので

棲み位置は決まっていますが

色々と弄ってきたDR-Zの方向性

どうにかするのも今年の課題。

完成度の高い250EXCは

弄る箇所もあまりなく

悪あがきネタとしては薄味。

DR-Zには、そのカテゴリーを任せたく候。

 

そんな感じで節目のオフロードライフを歩みます。

2018年も無事カエル精神で頑張ります。

| | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

関東 河川敷ダート問題・・・懸念で済む事を祈ります

春本番のバイクシーズンに備え

バイクや自身の体をメンテするのも一考ですが

1455451418042

バイクは乗ってナンボ!

最近、心身共に鈍っていたので

1455451423298

小僧の頃からほっぺに泥をつけながら

オフバイを走らせ遊んでいた

利根川の河川敷でコソ練してみます(v^ー゜)

1455451624842

ここは渡良瀬川との合流付近です。

すぐ近くに渡良瀬遊水地の人工池があり

大豪雨の度に放流する為か

コースも一新してしまう場所です。

 

最近、ここの話をした際に

「シロアリ」と呼ばれているのを知りました。

放流の度に、まるでシロアリに喰われるかの如く

状況が一変するので、そう銘々したのかは

今のところ謎に包まれております(^-^;

1455451631356

そんなシロアリを雨上がり走ると

水底の粘度質な為か非常に滑ります。

この前走った都幾川スノーライドより

チュルチュル滑る有様です。

 

必然的に地味ながら

事細かくバイク操作しないと

まともに走ってくれません(^-^;

 

反対にカラッカラに乾燥していると

結構なハード路面となります。

これは違った意味で滑るので

今思えば青臭いエピソードと

バイク操作を学んだ場所です。

 

そんな河川敷でのオフバイ動向。

近辺にはここ以外にも点在しており

利根川水系なら利根大堰付近。

荒川、入間川には整備された有料コース。

相模川には猿ヶ島があるなど

川が蔓延る関東平野は

河川敷オフロード天国です。

 

しかし今年はちょっと問題が発生しそうです。

1455451429621

まるで音楽業界で危惧されている

ライブハウス問題と状況が似ており

関東の河川敷も彼方此方で工事中です。

 

河川敷オフコース不足!?

 

ここシロアリも写真の通り

工事で規模が減少しております。

 

少し下流に下れば

1455451432114

一面サンドな場所もある広大な場所があり

1455451433892

将来のIAライダーがコソ練しています。

(≧∇≦)<チビッ子ライダー速!

 

でもここには・・・

モトクロス走行禁止と注意書きが💦

 

あまり地形を加工してコースを作ると

水流が変わり治水的に芳しくないと

注意されてしまう時があります。

 

それについて賛同も否定もしません。

土手にモグラが穴をあけただけでも

最悪決壊するかもしないと

嘘か真かきいた事もありますし?

 

でも・・・ひっそりコソっと練習できる

こういう場所が少なくなるのは

4月から施行されるバイクの増税も含め

日本のバイク文化が育ちにくい要因の一つと

感じてしまうのは間違った思考なのでしょうか?

 

世界的バイクメーカー保有国なのにね

もうちょっとライダーに優しくして欲しい(゚ー゚;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

2015 東京モーターショーに訪れ勝手気ままに述べてみた

1446478657157_3

生憎の雨で外イベントはやってませんが

東京モーターショーを訪問しました( ̄▽ ̄)

 

相変わらず偏った考えで徘徊し

好き勝手に紹介してみます(*^ー゚)b 

 

私のような一般庶民の車好きには

このクルマの動向は気になります!

1446478995645_2

性能はロードスター同等以上で

販売価格はお手頃価格。

日本のモノ造り真骨頂を期待します(≧∇≦)

 

でも・・デザインはもう少し頑張ってほしい・・

ヨタハチのシルエットはいいんだけどネ(゚ー゚;

コストも関係してると思われるので

素敵なチープさを演出してください(v^ー゜)頼んまっせ!

 

そんなコンセプト車達

基本的にはデザイナーさん達が

イケイケ大胆に演出します!

1446478728498

1446562701560

1446562732087

これを2020年に販売!?

「やっちゃえ!日産!!」

 

でも、現実味がありそうなデザインで

個人的に好感を得たのは

1446478851306

1446478847689

1446478849449

マツダさんかな!(≧∇≦)

あ・・でもロータリーってのが現実味ないか(@Д@;

このフロント低さには必修アイテムだし・・・

 

まぁ~コンセプトなので夢と現実の狭間を

1446478933346

ホンダさんのホットなマシンでも眺めて

妄想に耽るとしますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

1446562843192

この車のタイヤは実走しております。

クローズコースでガチ攻めな溶け方じゃないので

良くてスポーツ走行程度と思われますが

きっと痛快なんでしょうね(≧∇≦)

走らせてみたい衝動が止まらないとです(*゚∀゚)=3

1446478445804

ヤマハさんもコンセプトカーを出し続けてまして

歴代のマシンは勝手ながら高評価(*^ー゚)b

今回のは、ちょっとわからないですけど・・・

 

そんな未来のスポーツカーばかりを

選り取り見取りしていたら

ちょいと胸やけしちゃったので

1446478640228

平和な光景でココロ整えます(・∀・)

 

ちょっと落ち着いたら

ふいと疑問が湧きました?

 

良く知らないのですが

路上販売って規制が厳しいんですよね?

昔よくいった屋台もなくなっちゃったし(゚ー゚;

これって需要少なそうな・・( ̄◆ ̄;)

 

でも屋台っていいですよね~(・∀・)懐かしい~

やはり私のようなオっさんには

先程のこ洒落た車より

1446478603451

1446478597229

こちらの方が落ちつくかもね(^-^;

 

それにしても、このローコスト感

素敵です♥

自分でも、なんとか作れるかもと

錯覚してしまいます(^Д^)無理だけど・・

 

特に目立った資源があるわけでない

我ら日本は、やはりモノを作ってナンボ!!

なんだかんだとmade in JAPAN

品質、価格のコスパ最高です(≧∇≦)

 

そんな技術を支えているのを

1446478572962

身近に拝見できるのも

モーターショーの良い点です(≧∇≦)

こういう部品製作の妙技

工業製品は絶えず進化すると

至極当然な事ですが改めて実感できます!

 

子供の頃に紹介されていた

「21世紀の暮らし」という予想本では

車にタイヤは無く、宙に浮いてました。

 

そして現代、21世紀初頭・・・

タイヤは立派に装着されとり

しっかり地面に接地しとります。

 

進化していないwww

 

ワケではありません( ̄▽ ̄)

 

ダンロップさんが発案した

偉大な空気入りタイヤから

遂にエア圧から卒業するかの如く

1446478553016

このような製品が続々と現れ

1446478544369

進化過程を垣間見えます(*^ー゚)b

エアレスタイヤ

自動運転とタイヤの進化

どちらが先に世に定着するか・・

気長に見届けるとします。

 

 

さて、今回のモーターショー

数少ないながらオートバイ改め

モーターサイクル

展示されています(・∀・)

 

まず、目に止まったのは

バイシクルのようなモーターサイクル

1446478750508_2

原点復帰!はたまた先祖帰り?

1446478477823

スリムでいいですね~♪

この方向性は好きですが

もう少し渋めなデザインなら

さらに好感触なのですが・・(v^ー゜)惜しいな!

 

スリムといえばオフロードバイク!

そして、個人的にモーター特有の

起動トルクの豊かさを活かした

1446478442435

このようなタイプは期待しております!

まだまだ色々と問題山積でしょうが

躰が動ける内に実用化して欲しい・・(≧∇≦)頼んます

1446618110184

これくらいのガレ坂を

助走なしでスルスル登れたら

上手くなったと勘違いしつつ

最高♡なんですがね~~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

モーターなだけに名実ともに

モーターサイクルなコンセプトが

何の不満も不安もなく

山々の中を走れる頃には

1446562855503

ロボット運転も凄い事になってたりして(^Д^)

 

村田製作所の村田君が

凄いバランスで自転車を操っているように

生身の人間では実現できない

操作も追々可能かもしれません(≧∇≦)

 

絶対的に安全なら速度規制の概念も

無くして技術革新度合に見合った

速度規制とすれば、劇的に効率も上がります。

 

そうなれば、こんなモンスターマシンも

1446478771443

1446478435001

公道でフルに能力発揮できるのかな?

それが出来たら世界最速の

無人バイク便さんの誕生か!?(^-^;

 

車もバイクも自動運転の時代となり

今まで人間が行ってきた仕事が

機械化されたり消滅したりする時代も

いずれ訪れるかもしれません。

 

技術革新の波に乗り遅れると

時代に呑まれ溺れてしまうかもよ(゚ー゚;

 

マスコミさんがネタにしやすいと

今さらながら気づきながら

私自身、今後の身の振り方も考えつつ

1446562615210

会場を後にし、勉強会という名の夜の街へ

誘なわれた事は言うまでもありません(^-^;

 

以上 2015 東京モーターショーでした(v^ー゜)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

(祝)2015年 謹賀新年 明けましておめでとうございます。

昨年の2014年は大小なりに彼是あって

退屈しない1年でした(^-^;

 

ビジネスでもプライベートでもそうですが

なんとも泥臭くなりました♪(o ̄∇ ̄)/

Dsc_1527

08年からお世話になっている

ヤマハ WR250R

購入当初は高性能ながら

神経質な駿馬のような

青さが見え隠れしていました。

 

フラットダートは至高ですが

ガレ場に持ち込むと・・・( ̄◆ ̄;)

 

今思えば必然的な悪あがきでしたが

執拗にモディファイを繰り広げ

結構な重馬場でも音を吐かぬ

頼れる存在になってくれました。

但し、方向性が合っているかは

未知数ですが(^-^;

 

「泥臭い」といって絶対はずせないのが

Dsc_1036

スズキ DR-Z125L

逆輸入車のファンライドマシーンです。

 

車重が80kg台という驚異的な軽さに

粘り強い4サイクル空冷125ccエンジン。

コンパクトなミニモトサイズで足つき性宜し。

Dsc_1112

探索マシーンという立ち位置を

本年も不動にすべく悪あがきします。

 

そんな感じのバイクライフですが

欲張り者なのでオンロードも

土の残り香がしますが欠かしやしません(v^ー゜)

Dsc_0406

カワサキ KDX125SM

KDX125SRをスーパーモタードにしました。

前々からKDXをモタードに仕上げたく実施。

 

ペリメターフレームの直進安定性や高剛性は

きっとオンロードでも機能すると目論み

上位機種の足廻りを流用して完成。

 

エンジンが焼き付きロックで昇天するなど

カワサキらしい男気も発揮してくれましたが

おかげ様で徹底的にリフレッシュできて

只今、絶好調なバトルホッパーに┗(^o^ )┓三

 

やはり2ストロークエンジンは楽しいです。

Dsc_0186

ホンダ ジュリオ

これは自分のバイクじゃありませんが

長らく乗らない状態のものを預かって

復活させた原付50ccスクーターです。

 

たしか15年程前に女性をターゲットに

広末涼子さんのCMで販売された原付で

レトロ調なデザインで可哀想らしさを演出。

 

そんな成立ちのバイクですが

時が経過すると状況が変ってきました。

 

レトロ調だった物が本物レトロに近づき

私のようなおっさんが乗っても

恥ずかしくない珍現象に変貌ヘ(゚∀゚ヘ)

似合う似合わないは置いといてですが・・・

 

パワー的にイケイケ味付けではありませんが

加速は今時の4stスクーターより元気(・∀・)イイ!

ホンダ2stエンジン最終形なので

耐久性もありそうなので永らく乗れそうです。

 

 

ホンダ・・・永らく・・といえば

もう20数年乗り続けている

Dvc00003

ホンダ CB1000SF

最近は単コロばかり紹介していますが

そんなバイクを味わう程に

このバイクの偉大さが身に染みます。

 

一世を風靡したビッグネイキッドの雄として

絶大な存在を発揮したバイクですが

カスタムを楽しむという領域から

維持する領域にきていると感じます。

 

数社からリリースしていたボアアップキットも

廃番となりリペアキットもなくなりましたし(゚ー゚)

非常に残念です。カワサキ車が羨ましい・・・

 

でもBIG-1の魅力は健在かもしれません。

 

年末の大掃除でガレージを整頓するのに

バイク達を駐車場に出しながら

ツナギを着て、せっせと床掃除していると

軽トラに乗った見知らぬお父さんが

「このCB見せてくれ」

と駐車場に入ってきました。

 

「これ何年式?」と尋ねられたので

「95年式ですよ」と答えたら

「中古相場は幾らなの?」と言うので

「う~~ん・・・3.40万ですかね?」

「あ・・でも程度によりますよ・・・」

と答えた後、まるで舐めるかのように

CB1000SFをず~っと眺めて

「お邪魔しました」とお帰りになりました。

 

もしかしてだど~♪もしかしてだけど~♪

Dsc_0180

バイク屋だと思って

来店しちゃったんじゃないの~~♪

そうゆう事だろ?

 

真相は?ですが珍客に驚きました。

「あの~ウチはバイク屋じゃないです」と

言ってあげたほうが良かったと反省中です(^-^;

 

それにしても、40万円じゃ絶対に売りません。

きっと100万円でも手放さないでしょう。

 

見た目ノーマルですが、コツコツ悪あがきしてあり

それなりにコストもかかってますし

愛着もあるので手放す事はないでしょう(*^-^)

 

ホンダ社員さんが自分も所有したい

そんな熱い想いで産み出した作品なので

時が経っても色褪せぬバイクです。

少なからずとも私程度のスキルなら

今だに十分なポテンシャルを発揮します。

オヤジ心を擽る魅力もあるみたいですし(*^m^)

 

まだまだ現役で頑張ってもらいますぜ(*^ー゚)b

 

 

 

 

 

 

遂にバイク屋さんと間違えられたかもしれないですが

Dsc_0180

同志達と共に今年も懲りずに足掻く

100%プライベートガレージです(^-^;

 

そして、毎回どうしようもない内容を

恥ずかしながら紹介しますが

本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

                   平成二十七年 元旦 South

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年あけおめ~今年も懲りずに鉄馬に跨ります!!

 

新年明けましておめでとうございます\(^o^)/

 

昨年はたいへんお世話になりましたm(_ _)m

思えば新居移住も落ち着き

ツーリングに恵まれた1年でした。

 

なんとか4台体制のバイクライフを

それなりに満喫できたので

去年を振り返り愛馬達を紹介してみます。

 

068

長男のCB1000SF

箱根や那須などの峠道で20年選手ながらも

自分には新車を買う理由が見当たらない

そんなパフォーマンスを発揮してくれました。

 

Dsc_0001_2

次男のWR250R

天候の怪しいツーリングやロングダートで活躍。

低速トルク改善の成果が発揮されつつあり

苦手なガレ場でも挑めるようになりました。

 

Dsc_0161

三男のDR-Z125L

持ち前の軽量ボディとトルクの粘りに加えて

大人仕様の足回りやビッグキャブ化により

よりいっそう探索力がUPしました。

 

Dsc_0153

末っ子のKDX125SM

モタード化の悪あがきが形になり

見ても乗っても楽しいバイクになりました。

桜の花が散る頃から本領発揮するはずです。

 

 

これら国内4メーカーの鉄馬に跨り

 

今年は何事もウマくいけば幸いです(*^ー゚)b

 

さらに確定じゃありませんが・・・諸事情でもう一台

増馬しそうな雰囲気なので5台体制となりそうです!!

少々乗り出すのに手間がかかりそうですが

こういうのが好物な小生なので楽しみです。

5台体制になっても棲み分けは考えてますよ\(^o^)/

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 

 

 

                            管理人 サウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

東京モーターショー2013に行って来ました


今年も東京モーターショーに行って来ました。
Dsc_0053
最終日だったのでえらく混んでました(^_^;
景気が上向きなのか前回より活気がある感じがします。

私のお目当ては特に決まってませんが
個人的にいいのを撮ってきたので
ランダムに貼りたいと思います。

Dsc_0056

まずは大正ロマン溢れるトラックに
ハイカラさんバージョンのお姉さん。
パフパフクラクション鳴るのかな?とつぶやくと
笑顔でパフパフ鳴らしてくれました。いい娘です( ☆∀☆)

Dsc_0060
どこでもドアで現代と正気に戻り


Dsc_0089
ヤマハブースで電動オフバイをガン見していると
アンケートに答えて欲しいといってきたので
巡航距離250㎞走って欲しいと書きました。
実際は100km程度らしいので無理難題ですね(^_^;)


Dsc_0091
ついでにYZ250fに跨がってみました。
モッサーなので当然ですが愛車のWRーRより
スリムでサスペンションもハードでした。
でも方向性は同軸と感じました。

それにしても後方排気が好きだなヤマハさんは(^-^)

モトGPはヤマハさんの連覇とならず
天才が降臨してホンダさんが勝ち取りました。
Dsc_0121
数々の金字塔を打ち上げたマルケス号を拝見。
この人の走りは圧巻でした。特にブレーキは異次元!

それにしてもスペイン人ライダーの台頭は凄いです。
全クラスの上位GPライダーのスペイン流行は止まる事はなさそうです。
ストップ マルケス!ストップ スペイン!当分無さげ。


Dsc_0085
初代スーパーカブを見つつ日本車のモトGP掌握も凄いと
強すぎるスペインライダーの軽い嫉妬心を落ち着かせました。

また自動車に目を向けて満喫しようと徘徊するも
なんか面白みがあるマシーンに出会えません。


ようやくぐぐっときたのが
Dsc_0136


Dsc_0140


Dsc_0138


Dsc_0142

このマシーンでした\(^o^)/

エコもいいけどモーターショーには
度肝を抜かすようなモンスターマシーンと美女がいないと
脳内麻薬が活性化しないと確信しました。


今回、残念なのが部品ブースで革新的なものを
発見できなかったことです。
次世代 車作りの重要なファクターなので
バンバン展示してもらいたかった。


本日、一緒に廻った友人の万歩計が12000歩超えしたので
私も万歩は歩いたようです。いい運動でした(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

友人のガレージライフを覗いて我が身を振りかえる

 

いつも恒例の乗り出しメンテの準備を開始するのは

桜が咲いたことからスタートって感じでしたが

ちょっと間に合わなそうなので2月頃から開始します。

 

以前のように下手すると丸一日掛かるメンテでは

後程述べますが「うまく進まぬ諸事情」がありますので

時間が空いた時に気ままなに小分けしながら行なう

分割メンテナンス!?にしようと

ガレージ内に記録用ホワイトボードを拵えて企んでおります

 

このような分割式にする大きな要因は

良くも悪くもガレージの存在が大きいです

 

バイクの所有台数が一台増えたのが元凶?ですが

元々の3台体制から4台になっただけの事なので

通常メンテならそんな負担にはなりません

 

主原因は今までの青空整備から生意気にも

長期的に取り組める環境なのでじっくり(のんびり?)

気が済むまでカスタマイズに勤しめる事です

 

するとアホなので後先考えずに没頭してしまい

008

コチラの作業でスペースが手狭に

  

冷静に考えればふざけた話で申し訳ないのですが

とっ散らかってる次第です

 

乗用車をガレージから追いやれば

バイクスペースが2倍は増えるので

手っ取り早いですが・・・なんか

乗用車がかわいそう

 

このカスタマイズがひと段落しても

やりたい事が次々あるので

バイクが変わるだけで状態は変わらず

更にガレージ環境の充実=物が増える

そのようなトレードオフの関係でも

今後もスペースの問題が発生します。

 

なんか良いヒントがないもんかと

友人Puガレージに遊びに行きました

017

タクボ製3台連結スチールガレージ

当初、私が目論んでいたガレージに近いものです

 

結局私は諸々の問題と交渉で2台プラスαサイズの

某サッシメーカーのガレージに落ち着きましたが

 

Puガレージはサウスガレージより床面積が

乗用車半台分は大きいので参考になるかは?ですが

ちょっと覗いてみるとします

 

015

 

014

 

009

 

012

 

011

 

010

 

これぞガレージって感じです

 

私のガレージをお披露目するのは

恥ずかしいので控えているのですが

Puガレージを今回拝見させていただき

あらためて「やめとこう」と思った次第です。

 

やはり個性的なレイアウトでアレコレやりすぎ

まともなガレージをみると我が身を振りかえれますね

 

今後はとっ散らかさずに作業し

余計なものは置かずに

スペース確保に励みます

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

(祝)2013年 明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます

2013年サウスブログの趣旨は相変わらず

自己満足を全うし悪あがきする事です

そんなブログに多数の方がアクセスしてくれます

この場で恐縮ですが感謝いたします

ありがとうございます

さて、今年もマイペースな記事UPとなりそうです

少し変わるのがスマホ対策の左寄せ文章にする事です。

肝心の内容は慢性的なネタ不足が続いていますが

ガレージの環境も地道に整いつつあるので

淡々とですが国内4メーカーを堪能できそうです  

エンジンいじりの大仕事が待っている

Cb1ooosf


CB1000SF 現在ストックエンジン搭載中

武装化や林道走行寄りなカスタムに励む

Wr2011_6


WR250R 今年はメンテナンス時期かな

悪路や下り道でポテンシャルの高さを示す

Drz125l
 

DR-Z125L 只今、悪あがき熟成中です

年跨ぎとなったKDX125SR改め

041

KDX125SM 現在遂行中の悪あがき

それら相棒達の些細なカスタムやメンテナンス。

そして皆さんとツーリングを満喫できれば幸いです

今年も宜しくお願い致します

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

志が低すぎですがキャンプ&林道ツーで被災地へ・・・

 

      皆さん、お盆お疲れ様でした

   私の盆休みはここ数年林道主体ですが

    今回はオフバイに興味を持ちつつある

      キャンパー好きな友人を誘い

     オヤジキャンプと林道ツーリングを

    コラボしてみました

 

          志は低く恐縮ですが

       地震、津波、原発事故、豪雨

          今年は尋常でなく大変な

 

          負けるな福島県

 

    本当に微々ですがお金を落とす事にします

 

     早速ベースキャンプ候補の抜粋に奔走~

       意気揚々ですが知ってるキャンプ場は

 

       久川ふれあいキャンプ場

 

              ここは予約いらずなので直前でも

             なんとかスペースがあるだろうっと

                 何も調べずに過ごしていると

          友人から衝撃的なメールが届きました。

 

             久川ふれあいキャンプ場は

       利用する事ができない模様。

 

                  

                          これは一大事

 

        地元である伊南観光局に問い合わせると

       記録的豪雨でキャンプ場は使用できません。

     その声からして尋常でない状況なのではと感じ

          詳細もなにも聞けずにTELを切りました。

 

       どうなっちゃってるの南会津

 

        この志低い行いすら実行できないかも?という

        自分の身の丈の小ささにあえて反抗するが如く

 

              強制的に尾瀬の北から攻める

 

      アポなし当日キャンプ場をGETする暴挙を敢行

 

         どうにかなるさ~と東北自動車道を北上すると

           尋常でない混み具合が宇都宮前がら発生

 

         本来、西那須インターまで高速で向いたいのを

          かなり手前で降りて今市の杉並樹の下を走り

                淡々と南会津を目指し走っていくと

 

                   あちらこちら

 

Dvc00007

           凄い崖崩れや土石流

 

               画像を撮るのも申し訳ない程の

       立派なログハウスが流され破壊されてる様に

                  自然の猛威、今年は特に

    

                      水の怖さを

   

            否応なく味わいながらキャンプ場を 

             探す事になりました。

  

                        次回につづく

 

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

さまざまな想いを抱きながら・・・シーズンインを歩む

 

 東日本大震災から1ヶ月が経ちました。

  被災者の方々に「頑張りましょう」というのは

     あまりにも安易な応援の言葉ではないかと

        感じてしまう状態が続いてます。

 

      そんな苛酷な状況化ではない私は

      それだけで恵まれていると思いつつも

     震災後の様々な問題で発生した懸案に

     元々乏しい思考回路がパンクしております

 

      その1つは建築中の自宅なのですが

      ライフラインをオール電化に設計して

Dvc00012

      基礎の途中まで施工している最中に

東京電力がオール電化販売中止を発表

    この先どうなるのか非常に悩んでおります

 

    そんな大小な問題が渦巻いてる日々ですが

   何もしないで立ち止まっていても気が滅入りますし

      自粛するよりこの時期に個人的に行う

Dvc00002

  2011年バイクシーズンを開幕

     

          自粛しないと決めても

   毎年恒例な那珂湊行きはとても無理な状態ですし

     やはり気分的に遠出する気分になれず

Dvc00009

Dvc00004

 近場の河川敷コースで慣らしてみました

自称 Moto・RoughRiver練習コース(略してMRR)

       今回は5台のエントリーで貸切状態

        おのずと自分のペースで走れ

     本人や車体の様々な問題が発見できて

  有意義な一日を過ごせた次第です

 

           この河川敷の周辺を軽く探索してみると

Dvc00074

           短いながらもコースが点在しており

Dvc00070

        筋肉痛になるまで走れる環境と判明

 

今後も貴重な練習コースとして重宝

 

       そんな悪あがきも元を辿れば

Dvc00004_2

      08年にWR250Rを購入して以来

      まずは現役時に少しでも近づき

    もう少し「まとも」に林道を走りたいと

       自主練に励んだ事に始まりました。

 

             しかし

 

      その林道ツーリングそのものが

 激変する大きな決断が表明されてしまいました

   

    さまざまな想いを経て・・・

  モトプランツ林道チーム隊長であるTRACさんが

 

    まさかバイクを降りるとは・・・

 

       原因は私ごときが分かるほど

       単純な事ではないと思いますが

    個人的には、ご教授していただきたい事が

       沢山あるので残念至極です

 

     大変お世話になりました

         いつか戻ってきてください

 

 

     そんな青天の霹靂な出来事が続くなか

       シーズンインした2011年を

 

          

         歩んでいきます

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧