« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月23日 (金)

CROSS MISSION&jon it スクール国本を受講~

CROSS MISSION&jon it ライディングスクール国本

Dscn77298

Dscn773211

受講してきました(*^ー゚)b

 

講師紹介

石戸谷 蓮(いしどや れん)
JNCC AA1 2017 ランキング6位
JEC IA 2017 ランキング 4位

石本 麻衣(いしもと まい)
JNCC WA 2017 チャンピオン

両名ともにアメリカ最大のクロスカントリーレース
GNCCに2018年度JNCCから派遣決定!!

 

今回も蓮先生のエンデューロコースを受講

Dscn77309

Dscn773110

私の説明をせずとも承知の如く

ガチに活躍している一流選手です。

そんな一流の人達が会員になっている

国本クロスパーク

詳細な場所は内密で一見さんお断り!

素人な私なぞ、こういう機会がなければ

まず足を踏み入れる事ができない

VIP会員制オフロードパーク

Dscn773312

そんな守秘と講習ルールなど

ブリーフィングして講習開始!

 

まずは.落差の大きな飛び降りセクション

Dscn774019

ここは落差40センチ

ビビってしまってアクセルを戻すなどして

失敗してもリカバリーできる高さです。

 

Dscn774521

こちらは落差80センチ

ビビってしまったら確実に前転!!

 

私は過去にお山で散々前転してきたので

1518974604805

このセクションは概ね大丈夫でした。

初めからこんな安全な場所で

教えを乞うて習得していたら

もっとスマートにマスターした事でしょう。

 

お次は連続丸太越え

フロントを上げたまま丸太間を通過します。

先生の模範画像と文面を添えて説明すると

ここまでは飛び降りと同じ要領で

一本目の丸太にフロントタイヤを当てて

1

アクセルを開けて一本目通過。

リアタイヤが一本目を通過する衝撃で

Photo

フロントタイヤが落ちないようにコントロール。

 

ふむふむ・・自分がやってみると

1518974594253

一見、豪快にフロントアップしてますが

上がりすぎて慌ててリアブレーキを踏み

その後ぐたぐたになった一枚です💦

 

上がりすぎて捲くれそうになったり

反対に上がらず二本目の丸太に

フロントタイヤが刺さりそうになったり

コントロールが難しい(-_-;)

 

さらにレベルアップメニューは

2

飛ぶw・・・・(lll゚Д゚)<飛べねーなぁ~~

Dscn775123

画像では大した事のない丸太と感じますが

飛びきれず凄い勢いで二本目の丸太に

フロントから激突するイメージが拭えない💦

失敗すると手痛い事になるので

もっと簡単な丸太セクションを作っていただき

そこで練習に励みました。

 

上記のセクションを一通り練習して

コース横に安定して通過するのはちょっと難しい

3

ショートヒルクライムをチャレンジ!

左側のイゴイゴルートと中央の直登ルート

どちらも山でよくあるシチュエーションで

途中で止まると面倒なので

段々と掘られて難しくなってゆきましたが

結果的に良いイゴイゴ練習になりました。

 

そんな感じのコース内での講習内容。

Dscn775524

充実したセクションがバランス良く設置され

午前中に集中して練習できました。

 

午後からは裏山エリアに入って

本格的なヒルクライム

Dscn775625

Dscn775927

途中から斜度がヤバくなり壁となるので

最後に左へターンして回避して登ります。

登ったらすぐに下るので難し。

もう一本はロングヒルクライムで

こちらも斜度がヤバイ上に砂岩で滑り

登った先は落ちているので恐怖心ハンパなし!

 

この区間のヒルクライムは現時点で4本あり

どれも鋭い峰山の斜面を使うので

登っても細い峰伝いの山道があり

反対側は崖となっている事が多く

テクニックだけでなくメンタル的にも

タフなヒルクライムで自分が一番苦手なタイプ。

 

登った後が心配で逃げ腰になっていると

見兼ねた先生がテクニックとメンタル面をご教授。

回転をキープしながら登り
その後はその時考える!!

登れなければ何も始まらない!

その教えに従い実践してみると

登頂できました!!

いままで超絶ヒルクライムに挑む際

ちょっと違ったアプローチをしていたと理解。

今後、練習して確実なものにします。

 

よし!今日は良い感じで終えようと

エンジンかけるもエンスト・・

あ!コックOFFだったかwじゃなく

・・・ガス欠・・・

ちょっと少ないけど大丈夫と思っていたら

全開ヒルクライムを何本も行ったので

みるみるうちに無くなっていました。

 

最後にもっと凄いヒルクライムを

蓮先生に実践してもらったり

混合ガソリン持ってきてもらうなど

何から何までお世話になり

無事クロスミッションスクールを終了。

 

ここ国本クロスパークの裏山は

まだまだ走れる場所があるそうですし

バイクが壊れにくい柔らかい路面が多いので

練習にはもってこいな場所でした。

 

冒頭でも述べましたが

選ばれた人しか会員となれないので

誰でも走れる訳ではありませんが

もっとコチラで練習したい!!

会員さんの連れなら走れるそうなので

先ずはその線で利用できれば幸いです。

 

スクールのダイジェスト動画は↓にて

クロスミッションスクール国本 - YouTube

 

Fb_img_1520407126384

今回もいい経験が出来ました。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

・・・・・・追記・・・・・・

CROSS MISSION&jon it ライディングスクール第3回

受講してきました!よかったら覗いてみてください♪

| | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

向春の候 オフロードパーク白井に行ってきました~

S_dscn76942_2

本日も晴天ナリ!

イゴイゴしてハァハァ(*´Д`)するには

べスコンと思われる向春の候

3月に執り行われるハードエンデューロレース

2018 CROSS MISSION R-1

こちらに参戦される人達の練習にお邪魔しました。

(゚ー゚;<へ?自分は参戦しないのかって??

先月受講した

CROSS MISSION&jon itライディングスクール

その際にどんな感じか聞いてみると

ガチでヤバいので観戦しときます💦

2018 R-1 コースチェック、セクションの様子

これはきっと一部の序章にすぎないと思われ・・

 

そんな末恐ろしい内容のレースを

S_dscn76931

250EXCで疑似体験してみます。

あ、間違えた見学ツアーします。

電ファンの調子も悪いしw・・(^_^;)

 

濃い練習は午前中でしたが

カメラを持ってくるのを忘れてしまい

画像や動画を撮れませんでした。

コースであろう箇所をチェックするも

走破できる気がしない(lll゚Д゚)

自身とマシンが昇天するイメージしか浮かばない

出場する人達には申し訳ありませんが

参戦しないで良かった!!

 

午後は練習&フリー走行

S_dscn76964

まだ少しだけ残雪のある中

白井ダイジェスト - YouTube

S_dscn77058

こんな感じで山に潜伏してゆき

新たに出来た直登ルートがあると言われ

アホなのでチャレンジすると

白井 直登ヒル - YouTube

S_dscn77079

捲れた!っていうか投げましたww

えぐれているし先も分からないので・・

 

木にバイクが引っかかっていなかったら

きっと自分に降ってきたな(◎_◎;)<危な!!

バイクは乗るもんで投げるもんじゃないww

最近、投げ癖が出てきてるので気をつけます。

 

その後は近場のお山も走って

S_dscn771912

怪我もマシンも壊さず生還

久しぶりにシライお邪魔しましたが

とても難しいですが楽し!!

また同行宜しくお願いします(^^♪

| | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

TY250Zを河川敷ライド そして気になる箇所を修正~

人生初のトライアルバイクとなった
Dscn76702

ヤマハ TY250Z

現時点でヤマハ最後トライアルコンペマシンであり

IRC TIRE TR-011 TOURIST | 井上ゴム工業株式会社.

これを産み出す骨格となったバイクです。
 

なんのこっちゃ?的になりましたが

まずはどんな乗り味なのか

Dscn76788

某河川敷にて試乗してみました。


Dscn76711

予想より広大なエリアに広場やコースが点在

Dscn76722

Dscn76733

Dscn76744

Dscn76755

こんな感じのエンデューロコースがあったり

 
Dscn76766

Dscn76777

モトクロスコースもありました。

 

TYZなのでモトクロスコースは走らず

エンデューロコースと広場で練習。

最新トラマシンより重いですし

基本設計も古い車両ですが

ど素人な自分にはハイスペック!

 

この軽さとエンジン特性なら

色々と練習できると実感。

自分のテクニックは怪しさ満点ですが

なんとかフルロックターン出来ました。

ちょっと借りた最新トラ車では

それすら難しかったので一安心。

 

クラッチはワイヤー式ですし

最新トラ車より重いのですが

私が今乗っているエンデューロマシン

16モデルの250EXC(油圧)より軽く

クラッチコントロールも好印象。

 

でも、やはり軽いに越した事はなく

練習中、最初に根を上げたのは左手

こればかりはどうしようもありません。

EXCやWRなどを乗っている手前

あまりにもかけ離れた操作感では

共用性には不向きかも?という

そんなこじつけで修行に励みますw

 

それよりなにより一番気になったのが

フルボトムした時の異音

自宅へ帰ってからチェックしてみると

Dscn768211

タイヤがサイレンサーに当たっとるw

なかなかもってシートレールが曲がっており

リアフェンダーもそれに合わせて加工してある。

 

前回も話ましたがTYZを譲って戴いた際

スペアバイクや主要パーツ類もありまして

そのスペアバイクのシートレールを確認すると

シートレールは曲がっていませんし

綺麗な外装一式がスペアパーツとしてあります。

 

譲って戴いた時の説明ではメーンマシンは

練習用にあえて痛んでるカウル類にしていると

聞いていたので、きっとシートレールも

曲がっている物に組み換えていたのかな?

 

スペアバイクのシートレールを移植?

本来の場所へ戻す?と問題は解決しますが

そこは自分の仕事柄を活かして直します!

Dscn768110

ボディ基準点を見定めならがら測定し

程度の良い外装類で現物合わせして

Dscn76809

Dscn768413

こんな感じで修理完了!!

アルミは、ちょっとコツがあります。

無闇にやると取り返しがつかなくなるので

良い子は真似しないほうが賢明かな?

Dscn768514

これがこのバイクの本来の姿

ホイールも綺麗なのが一式あるので

さらに程度が良くなりますが

Dscn768716_2

それは今後の楽しみにしときます。

 

そして今まで付いていた練習用カウルを

少し修正して活用できるようして

過酷な状態が想像できる時に

活躍してもらおうかと思います。

古いバイクなので程度の良い外装類は

なかなか出てこないでしょうし。

 

そんなこんなと悪あがきし始めたTYZ

今後はトライアルコースを走らせ

馴染んでいければいいです(^^♪

| | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »