« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月25日 (月)

トリンバのイベントKUMA CUP 2017参加しました~

前回、少し報告させてもらいました

Kumacup2017

KUMA CUP 2017参加しました。

9822464_2273167382_161large

マシンはKTM250EXC 6日間

オフ車クラスでエントリー

KUMA CUP 2017 in TRINBA - YouTube.

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと3位

3

まぁ~本気だせばこんなもんです( ̄ー ̄)ニヤリ

 

なんてのは嘘です(*_ _)人ゴメンナサイ

上手な方々はオフバイなのに

果敢にコンペクラスのラインを激走!!

必然的に減点が加算されたり

エンジンの調子がよろしくなくエンスト

イコール5点を加算された方などの中

無難に中途半端なラインを選択した

自分がたまたま入賞しちゃったのです。

 

まさにミラクル☆

こんなおっさんにもサンタさんは

プレゼントを渡してくれるようです💛

 

但し、サンタさんもそんなに甘くなく

宿題も出された感じです。

「あのステアをチャレンジするぞ!」っと

セクションINするも直前で萎えてしまい

水の流れの如く簡単な方へ行ってしまいます。

特に1ラップめは普段なら大丈夫なのに

アンパイを取ってしまいました。

(そのわりに減点多し)

 

来年は、もっと練習して

実力に伴う順位で自他共々

納得できるのが今後の課題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

トリンバへ行ってきました~

名栗方面オフバイ締め出しを筆頭に

不穏な雰囲気がある奥武蔵界隈など

走れる場所が大きく減少している昨今

なんとかしないと楽しめなくなる事は必至!

 

そこで、お山だけではなく有料施設も利用して

末永く楽しむ為のリスク低減に努めています。

幸か不幸か自宅からどこも2時間圏内。

まさに中途半端な場所に住んでいるので

こういう活動になるのかも(^-^;

 

こんな感じで今回も新地へやって来ました。

TRINBA 

トライアルランド印旛

the COUNTRY HOUSE.

 

こちらも射程圏内なので気になっていましたが

ここに限らず大抵のトライアルパークは

9822464_2273167642_240large

9822464_2273167645_63large

難易度高く、私の技術では瀕死決定💀

9822464_2273167378_2large

必然的に簡単なセクションで基礎練習や

9822464_2273167382_161large

その周辺にあるエンデューロコースを走り

9822464_2273167381_188large

チュルチュルのウッズを堪能!

でも奥地は通行禁止になっています。

管理人さんに訊ねると今年の大雨で

一部崩れているので整備中だそう。

今回、全貌は拝見できませんでしたが

要所に難しそうな場所があるので

練習にはもってこいな感じかします。

 

ビジターで成人男性2千円 女性千円と

とてもリーズナブルです。

降雪の心配も少ないので

冬季に重宝する事でしょう。

 

ただ闇雲に走っても面白くなく

スキルアップも出来ないと思われるので

オフバイでも参加できる企画などに

出場してみるのも宜しいかと思い

Kumacup2017
KUMA CUP参戦してみます♪

去年参戦した人に聞いたり動画チェックすると

ハイレベルなセクションが目白押し!

さらに出場選手も名立たる人達ばかりww

 

私のようなトライアル経験も乏しいド素人が

参戦すると悲惨な姿を晒す事となるのは

想像に難しくありません(-_-;)

なんかちょっと前も似た状況で

ハードエンデューロに参戦して

惨敗したのと同じ流れになりそう・・

 

ひとつだけ望みがあるのは

トリンバの管理人さん曰く「大丈夫」と

おっしゃっていたので難易度は下がるかも?

難易度の加減もお上手そうなので

楽しく走れたら嬉しいです。

目指すはオールクリーン!・・ではなく

オール3で通過できればOK(*^ー゚)b

 

山を追われつつある自分にとって

次に歩むべきステージは

ハードED? トライアル?

どちらも同時進行しそうですが

今考えられる棲み位置はきっと

この辺りと察しています。

 

お山でひっそり地下活動しながら

時には表舞台で実力の無さを

晒しながらトライしていきます(v^ー゜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »