« 今更ながら奥武蔵付近を探索ダートしました~その四 | トップページ | KDX125モタードで宇都宮餃子を食べて… »

2014年11月16日 (日)

約5年ぶりに松井田倉渕林道群をリベンジするも・・・

Dsc_1209

ひとりでは寂しいので、道の駅に集合してもらい

WR250Rを購入して初めて洗礼を受けた

群馬県松井田倉渕林道群

約5年ぶりにリベンジしようと企てました(o^-^o)

Dsc_1210

あの頃は新車でノーマル状態でした。

あれから苦節5年、コツコツと仕上げ

本人のテクニック向上は見受けらませんが

マシーンだけは着実に進化してきました。

 

今思えば大した場所じゃないかもしれませんが

見事なまでに玉砕した淡い思い出があります(^-^;

WRの成長ぶりの確認と見頃であろう

紅葉狩りも兼ねて逝ってみます(*^ー゚)b

 

紅葉具合が五分程度と時期早々と感じた

Dsc_1215

中川林道入口に到着しました。

温泉宿が目印なので分かり易いですね(v^ー゜)

 

でも林道群のルートを見事なまでに

記憶の片隅に追いやられちゃってるので

当時一緒に逝った、たけたけさんに頼りながら

その場しのぎで徘徊しますヘ(゚∀゚ヘ)

Dsc_1223

山の中に入っての第一印象は

入口より紅葉が素晴らしく

落葉が路面を覆い尽くしている事でした。

 

基本的にフラットダートなので走り易いですが

路面状況が把握しにくいのでΣ(゚д゚lll)アブナィ!

後に失態をしでかす原因ですが・・・それは後程(^-^;

 

話は戻り、5年前と逆ルートで挑んでみましたが

本来ゲートを越えないと、先に進めそうにありません。

しかし当時連れて行ってくれた人達が

抜け道をみつけて急でフカフカな坂道を進んでいき

当時の私は後輪を掘りまくりエスケープ\(;゚∇゚)/

さらに木々をすり抜け、木の根っ子に捕まりながら

鉄塔に出て、とこぞやの林道に抜けたのですが

Dsc_1231

この場所かな?・・・こんなイージーだっけ?

まぁ~時が経てば路面状況も変わるし

きっとココだろうと納得しつつ先に進むと

Dsc_1234

素晴らしい紅葉と凄まじい落葉が待ってました(^-^;

Dsc_1247

原生林っぽいので様々な色合いがあり綺麗です。

そういえば、なかなかのヒルクライムがあった筈

Dsc_1254

フラットダートを快走しながら散策すると

日曜日なのに重機で林業活動されている

働き者さんが居たので通る事が出来きません。

 

うろうろ徘徊して迂回を試みるも

強力なゲートで通過できずに撃沈( ̄◆ ̄;)

 

アタックするつもりはありませんが

目的地のひとつであるヒルクライムや

北部に拡がっている広大な林道群は

次回のお楽しみ!として

取っておき、撤退する事にしました。

 

 

さて・・・今まで来たルートを戻るとします。

 

相変わらず紅葉が綺麗だな~っと

スタンディングしながらキョロキョロしていると

突然洗礼を受けましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

そこは落葉に隠れたアスファルトコーナー。

見事に前後輪滑って転倒しちゃいました(;´д`)トホホ…

 

スリップダウンして洗礼を受けたのは久しぶり(^-^;

やっぱり落葉やコケが乗っかっている舗装路は

ダート以上に滑るのだと改めて実感しましたよ(;´▽`A``

 

幸い、怪我もマシーンのダメージも最少で済み

Dsc_1258

林道群から撤収し帰路に着けました。

いやはや・・・気を抜くとホントに

ダメよ~ダメダメ~~(*´Д`*)

Dsc_1261

コンビニ駐車場で五年越しのリベンジ失敗を

反省しながら来季また訪れると誓いました。

 

翌日、洗車と共にマシーンチェックすると

Dsc_1264

ハンドガードのガード!?のみ

損傷していた程度の小ダメージでした。

 

ジータのベントタイプにサイクラのプラガードと

異なるメーカーの組み合わせがうまく機能しました。

 

元々ダメージを受けにくいオフバイですが

武装化の必要性と効果を身をもって学べました(*^ー゚)b

 

|

« 今更ながら奥武蔵付近を探索ダートしました~その四 | トップページ | KDX125モタードで宇都宮餃子を食べて… »

コメント

"ネット上でたくさんコピールイヴィトンの財布に関してあって、1つのコピールイヴィトンの財布が欲しいが、しかし必ず買わないでくださいに注意してかばんでなければならなくて、コピールイヴィトンの財布の価格は受けることができるのですが、しかし私達もむだになくしてしまうことはできません。
ルイヴィトンスーパーコピーブランドバッグのルイヴィトンブランドコピー商品販売きっと最高品質ルイヴィトン偽物バッグ(N級品)のルイヴィトンスーパーコピーブランド,ルイヴィトン韓国スーパーコピー,ルイヴィトンマルチカラーバッグは提供いたします。
その上、必ず注意しなければならないのは、コピールイヴィトンのずっと堅持したのは逸品と優良品質の特徴で、仕事は更に専門の職人の手作りから作ります。
だから時にはほぼ取引先のために専門的に注文して作らせたので、このような時の取引先は1年足らずの間のを待たなければなりません。
優雅に女性の魅力のロレックススーパーコピーレディースファッションの腕時計に富を極めて18Kバラの金と精密な鋼の色を互いによく合って、人に反抗しにくいのを持って惑わします。
この時はコピールイヴィトンの財布がいくらでも取れませんでした。
いずれにしても、1つのコピールイヴィトンの財布は絶対に一人の高品位と優雅で厳格な特質のを証明することができます。"

投稿: スーパーコピー 激安 時計 q&q | 2019年6月 5日 (水) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約5年ぶりに松井田倉渕林道群をリベンジするも・・・:

« 今更ながら奥武蔵付近を探索ダートしました~その四 | トップページ | KDX125モタードで宇都宮餃子を食べて… »