« KDX125 吸気系見直しと多孔プレートの設置しました~ | トップページ | 筑波山林道を経由して大洗キャンプ場でBBQしました~ »

2014年4月27日 (日)

KDX125 焼き付きロックから生還しました~

 

遂にエンジンが焼き付いて入院していた

Dsc_0408

KDX125モタードが復活の狼煙をあげます!

 

とりあえず、ざっくり修理内容や仕様変更を述べると

腰上は新品で腰下はクランクを開けて

ダメな物は交換したり修正してエンジンを復活。

吸気系をPWK35からPWK28Bにダウンサイジングし

ボイセン パワーリードと四角形多孔プレートでカスタム。 

 

そんな修理内容と吸気系の見直し&カスタムで

新たに蘇ったと祈りつつ、エンジンに火を点したいと思います。

 

オイルポンプのエア抜きの為に

混合ガスを作ってガソリンタンクに入れ準備万端!

キックペダルの足応えは期待できそうな雰囲気。

以前はなんだかんだ圧縮抜け気味だったと感じつつ

IG、ONしてキックペダルをひと踏みすると

 

あっけなくエンジン始動

 

そしてスローを調整してアイドリングさせると

なかなかもって安定していますし

さらに軽くスナッピングしてみても追従します。

 

そして懸念していたゴロゴロ音は、ほぼOK

男カワサキ音質の範疇だと思います。

 

エンジンや吸気口の加工で個体差はあるようですが

PWK28Bのジェッティングのままで

それなりに走れちゃうという話もあるので

エンジンの慣らしも兼ねて、近所を試運転しました。

すると、PWK35の時とは到底比べ物にならない

低速トルクの豊かさ!!

おかげさまで、発進が楽になりました。

 

キャブだけの恩恵ではないと思いますが

求めていたキャラクターなのでひと安心。

 

 

そして後日、腰上の慣らしも終了してようやく

キャブレターセッティング開始できます。

PWK28Bポン付けのみで、ある程度はイケそうですが

それで万事OKっていう事もないだろうと

混合ガスを抜いてガソリン満タンにし

工具とメインジェット数個を持ち

プチツーリングを慣行しました!

Dsc_0410

思えばこれが今シーズン初ツーリングです。

 

R299から刈場坂峠は、まだ雪が残っています。

あの大雪の影響は凄いんだと実感しました。

しかし他のアスファルト峠は概ね大丈夫そうなので

オフバイ乗りの中では超有名な場所である

Dsc_0413

スパヒルの工事状態を見るべく寄ってみると

まったく面影もない坊主状態になっています。

 

非常に残念ですがココの走行は終了ですね・・・

 

そんなこんなで都幾川近辺のアスファルト林道を

それなりに徘徊しながらエンジンのフィーリングを探ると

やはり低回転時でのスタビリティが向上したので

ゆっくり流す走りでもストレスなく巡行できます。

 

この領域は、まさにポン付けジェッティングのままで

エアージェットスクリューの微調整で大丈夫です。

キャブレター適正ボアってやっぱり重要ですね~

 

そして遂にKIPSを切り替えパワーバンド領域にします。

一番怖いのが、言うまでもなく焼き付きです!

回転数やアクセル開度を段階的に上げていき

節目にきちんとプラグ焼けチェックをしていきました。

 

そしてアクセルオフ時のエンブレもっとも恐ろしいので

最新の注意を払いながら行なったのは言うまでもありません。

 

そんなビクつきながらPWK35の時と比べると

高回転時でのパワーは低下してると思いますが

本当に若干なので見劣りする程じゃなくホっとしました。

 

KDX125にはPWK28がベストマッチと

判断して概ね間違いないと思います。

 

しっかり回したプラグ焼けをチェックすると

Dsc_0419

なかなかいい感じの焼け具合です。

 

しかし、一度焼き付かせてエンジンがロック!!

そんな経緯があると精神衛生上もう少し

安全マージンが欲しい・・

Dsc_0423

こちらの角度からみるとガイシ半分が

まだ白っぽいのも気になるので

既存のメインジェット135から

暫定で140に拡大しておきました。

とりあえず程度の焼け色が目標です。

 

 

いやはや、年始から言っている

桜の花が散る頃には間に合わず

葉桜になってしまいましたが

KDX125SMが復活!そして堪能できる事でしょう~

 

梅雨入りまでの短い春ツーリング時期を逃す事なく

体制が整ったので、今回の焼き付きロック部品代は

勉強代として自分の肥やしにできれば幸いです。

|

« KDX125 吸気系見直しと多孔プレートの設置しました~ | トップページ | 筑波山林道を経由して大洗キャンプ場でBBQしました~ »

コメント

サウスさん、ご無沙汰ですm(_ _)m
思いのほか早い帰還でホッとしました。
お帰りなさいSM!
ブログ上でですが、本当にサウスさんの情報はありがたく、ある意味自分にとって師匠の様な存在です。
また素敵な情報を教えてもらえるのを楽しみにしてます(`_´)ゞ

投稿: バブ | 2014年4月29日 (火) 04時34分

バブさん コメントありがとうございます(^o^)

心配させてすみませんf(^_^;
なんとか復活できました。
今度は壊さぬよう気をつけます。

師匠なんて滅相もない(・・;)
でも、こんなブログでも
少しでもお役に立てたなら幸いです(^ー^)

投稿: サウス | 2014年4月30日 (水) 01時36分

はじめまして。
私もKDX125(A5)に乗っています。

とても参考になる内容が多く詰まったブログありがとうございます。


サウスさんのKDXのキャブレターのスローは、何番使っていますか?

いきなりの質問すみません。

よろしくお願い致します。

投稿: suna96 | 2018年12月15日 (土) 09時21分

suna96さん 返信遅れましたm(_ _)m
スローは購入したキャブに付いてるいた物が
ドンピシャだったので確認していません。

投稿: サウス | 2019年1月17日 (木) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KDX125 焼き付きロックから生還しました~:

« KDX125 吸気系見直しと多孔プレートの設置しました~ | トップページ | 筑波山林道を経由して大洗キャンプ場でBBQしました~ »