« WR250Rフォークオイル交換とステム&リンク廻りメンテ | トップページ | WR250RにSP忠男「POWER BOX」を装着して大感銘~ »

2014年1月26日 (日)

WR250RにAZリチウムイオンバッテリーを搭載

Dsc_0001

前回のサスペンション廻りメンテナンスなど

5年2~3ヶ月19000km乗りっぱなしのWR(゚ー゚;

気になる箇所を悪あがきしてみました(*^ー゚)b

 

ぼちぼちクランキングが弱々しくなってきたので

Dsc_0213

バッテリーを交換する事にします!

冒頭で言いましたが約5年2万キロも生き延びたので

完璧にあぽ~んとなる前に引退させます。

お疲れ様でした。流石は日本メーカー品です!

 

そういう事で普段なら信頼と実績の

日本製MFバッテリーに交換するのが

長年の通例でしたが今回は半ば

人柱になる覚悟で今話題の

 

リフェ(LiFe)バッテリーにチャレンジ!

 

とはいえ、軽い事だけは知っていましたが

詳細は?だったのでちょっと調べてみました。

 

 

まずは長所から

 

 

鉛バッテリーの重量約1/3の超軽量。

 

鉛バッテリーの約4倍の高サイクル寿命。

 

鉛バッテリーの約1.5倍の強力な始動性能。

 

自己放電が少なく長期保管可能。

 

有害金属や希硫酸などなく環境にやさしい

 

爆発の危険性が少なく安全性がある。

※安全性については携帯電話やパソコンで

発熱や爆発などで大いに騒がせた

コバルト系/マンガン系リチウム等の素材を使わず

サチューセッツ工科大学在学中の学生が発明した

リン酸鉄リチウムイオン電池「LiFePO4」を使用する事により

それら危険性を抜本的に解決しているようです。

 

 

 

ふむふむ・・・軽くて強くて長持ちで安全、さらに環境に良い。

鉛バッテリーの時代は終わったな!

遂にバイク用バッテリーも次世代になったと思わせる内容。

 

 

そして短所

 

 

一般的に鉛バッテリーより高価。

 

低温時の始動性が悪い場合がある。

 

各セルの電圧がばらついてしまうので

それを補う専用の充電器が必要になる。

 

車両のアイドリング時/走行時の充電電圧が

13.5V以下、14.8V以上の車両には使用できない。

 

満充電時での耐久性に難がある。

 

 

むむむ!!やはり問題は山積してますね・・・

まだまだ鉛バッテリーの時代は安泰かも!

 

 

価格は近年、鉛MFバッテリー同等のLiFe製品が

ちらほら現れてきたので それらを選択するしか自分には選択肢がない(^o^;)

 

低温時の始動性困難に関してはLiFeの特徴で

どうやら低温になるとバッテリーが寝ちゃうようなので

それを起こす為に軽く放電させる儀式が必要みたいです。

 

バイクの場合なら、IGオンにしてライトなど点灯させて

気温状況に応じて放電時間を調整するらしい・・・

私は関東以南在住なので寒くても氷点下5℃にならない程度。

でも、   その「まどろっこしい儀式」を行なうのは必至!?

 

ちょっと面倒なんじゃ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

さらに専用のバッテリー充電器を購入して

定期的にバランス充電が必要って

これまた面倒なうえに設備投資が必要。
 

 

13.5~14.8Vの定電圧に関しては

WR250Rの場合その数値内に収まっているので

たぶん大丈夫じゃないかと祈っております。

 

満充電時での耐久性に難があるらしい?問題は

正直なところ、自動車やバイク用バッテリーとして

絶望的なマッチングだと思いますが

製品として販売しているのでなんらかの方法で

対策を施していると、ただただ願うばかりです。

 

なるほど・・・調べれば調べる程LiFeバッテリーの

光と影の部分が色んな情報によって、いっそう闇を深めて

購入するにあたり大きな足枷になってるのが明白です。

 

ぶっちゃけると・・・こんな闇を受け入れてまで

リフェバッテリーを使いたいとは思えず

やはり信頼と実績の既存バッテリーかな!?と

保守派になりかけた時期もありました。

 

ところが朗報は寝て待てと言いますが

バイク用品店でそれらの問題を解決しそうな

リフェバッテリーをみつけました\(^o^)/

Dsc_0207

AZリチウムイオンバッテリー

(WR250Rには品番 ITZ7S-FP)

 

 

低温時の始動性を確保している。

 

バッテリーの状態がわかるLEDインジケーター付き。
 

 

バッテリー内部にBMSを搭載。

 

バッテリー充電器は既存のものが使える。

※最大充電電圧が14.8V以上の製品

またはサルフェーション溶解機能等の

電圧上昇機能が付いている充電器は不可。

 

保証期間12か月または2万km。

 

 

これはリフェの短所を十分に補う

期待できるスペックを誇ってますね(*^ー゚)b

 

これと色こそ違えぞ、形状や制御方法がそっくりの

米国製スカイリッチ社の製品も

以前ネット上でみて気になってましたが

危険性のあるLipoだとか、安全なLiFeですなど

情報が混乱していたので諦めていました。

 

AZさんのは正真正銘「LiFe」という事なので

ちょっとだけ安心して購入できた次第です。

 

大きさは既存のMFバッテリーと比べて

Dsc_0215

幅はほぼ同等で高さが数センチ低く

Dsc_0217

厚さも、ほとんど同じっぽいので

車両に収める時は付属されている

 

Dsc_0218

このゲタを貼り付けてやればOK

Dsc_0219

なんかちょっとカワイイぞ(o^-^o)

 

気になる重さを量ってみると

Dsc_0223

既存バッテリーの約2000gに対し

なんとAZリチウムイオンバッテリーは

約540gという圧倒的な軽さを誇ります。

 

キロ=10万円と言われるバイク軽量化相場なら

これだけで約15万円投資したのと同等の効果!?

実費13500円なので1/10以下の投資額で達成!!

 

制御システムなど軽量化に不利なものが付いての

この軽さは、もう鉛バッテリーに戻りたくなくなりますヘ(゚∀゚ヘ)

Dsc_0226

バッテリーの状態がわかるLEDインジケーター

Dsc_0227

ポチっと押してみると満充電でした。

 

そうそう。満充電時の劣化については

BMS(バッテリーマネジメントシステム)が

各セル電圧のばらつき制御を行い

バッテリーを安定的に保つので

バッテリー寿命を伸ばすらしいです。

そのように代理店さんが言ってるので

しっかり制御してあるのでしょう~

 

 

期待と心配を抱きつつ愛車WR250Rに

Dsc_0230

AZリチウムイオンバッテリーを搭載。

 

IG、ONして賺さずスタータースイッチを押すと

今までの逝きかけてたバッテリーと違い

勢いよくクランキングして

あっけなくエンジンが始動しました。

 

やるな!AZリチウムイオンバッテリー(v^ー゜)ヤッタネ!!

 

翌日、外気温0℃での朝一始動でも

儀式なしでエンジンが始動しました。

でも電圧は12.9Vとちょっと寝ぼけ気味で

昨日よりクランキングは少しだけ重かったのです。

(その後は目覚めて絶好調~)

※電圧数値はアクティブレブテンプメーター内の数値です。

 

-10℃まで逝けるらしいですが

関東以北在住の方、又はおでかけする人は

今時期は注意が必要だと思います。

 

 

そしてAZリチウムイオンバッテリーを取り付けた車両を

2週間以上使用しない場合、下記どちらかの方法で

バッテリーのメンテナンスを行うという記載があります。

 

①バッテリーを車両から取外し保管することを推奨致します。

またはマイナス端子のみ取外してください。

再度バッテリーを取付ける場合はバッテリー上部にある

「Test」ボタンを押しLEDインジケーターランプが

2個以上点灯するのを確認してから取付けてください。

 

 

②【充電器の注意事項】の内容を満たしたスペックの

バッテリーメンテナー(充電器)でメンテナンスしてください。

 

 

あれ?リフェって自己放電少ないんじゃなかったっけ!?

なんかよくわからないのでちょっと放置して真相を探ります。

 

それより心配事は、お隣の超大国製である点です。

いい事ばかり並べても実際はクソ製品ってな事が

無いとは言い切れない・・・そんなお国柄なので

使ってみないとわからないっていうのが本音です。

Dsc_0003

これから長期モニターしてみて(短期で終了しない事を願う)

すこぶる良かったらCB1000SFにも採用するかもです。

 

ちょっと一般道を試運転してみると

軽さや電力UPの効能は

プラシーボ的にあるかも!?

っと曖昧なのでハイシーズンになり林道ツーリングなど

少しの違いでもわかりやすい環境でチェックしますね(*^ー゚)b

 

|

« WR250Rフォークオイル交換とステム&リンク廻りメンテ | トップページ | WR250RにSP忠男「POWER BOX」を装着して大感銘~ »

コメント

2014年の事ですかね。
その後3年経ちましたがどうですか?
自分のセローは丸2年。
次替えるなら、軽量なリチウムを考えてます。
2週間乗らないだけでも、外した方がいいというのが、ちょい面倒そうですが。
まあ自分は通勤で毎日使ってるから、問題無いかな。

投稿: ジェームス | 2018年1月 2日 (火) 19時45分

ジェームスさん WRに入れてあるAzリチウムイオンバッテリーは
ぼちぼち4年が経過します。
 
既存のMFバッテリーもそれ位大丈夫でしたから
耐久性の真価はこれから問われるでしょう。

長期保管の時も一発始動したので
バッテリーターミナルを外したり
充電する事なく済んでいます。
 
個人的には合格ラインなので250EXCにも
同じメーカーの物を入れており
品質にムラがないか長期観察中です。

投稿: サウス | 2018年1月 2日 (火) 23時40分

私のCRF250Lにも同じAZ使ってます、宮城住みで冬の11月から4月まで車両搭載のままで5月にセル一発でエンジンが掛かります、面倒な儀式は一回も行った事ありません

投稿: 準斗 | 2018年5月 6日 (日) 14時26分

準斗さん 貴重な情報ありがとうございます!
 
宮城県の冬場でも儀式無しで始動できるんですね!!
やるなAzリチウムイオンバッテリー

投稿: サウス | 2018年5月13日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WR250RにAZリチウムイオンバッテリーを搭載:

« WR250Rフォークオイル交換とステム&リンク廻りメンテ | トップページ | WR250RにSP忠男「POWER BOX」を装着して大感銘~ »